好きといわれて舞いあがる

【好きといわれて舞いあがる】

いじめられっこだった私が

中3の時

「笑ったらかわいいやん」と

同級生にいわれて

それまで「いんけん」と

いわれてたのを

「笑えばいいのか」と

いつでもニッコリするようになった

すると

憧れてた人と話せるようになって

卆業すると

後輩の男の子に5人程告白されて

それも中学では上の教室で

牛乳やチョークをなげて

なじってた孑

「好きです、付きあって下さい」

この言葉はホント強烈

たまたま

1人じゃなかったから

選べる立場だったから

好きになったと

勘違いしなかったけど

なんか

舞い上がってたと思う

高校生になって

放送部の1年先輩に

目がハートになった

これが44まで恋心をもった最後

昔なら「ムリムリ」と諦めたものを

まいあがりから少しだけ期待することを覚えた

するとバイト先で

5人の子と一緒のクラスだった子

と一緒で

毎日のように告られた

「憧れてる先輩がいる」

というと

「その人と付き合うようになったら

あきらめるから」

と言われ

今思えば、相手のことよく知らずに

「好きだ」という言葉が

気持ちより前を歩いて

まるで

自分のいいなりになる人みたいに

思ってた気がする

自転車で15kmくらい

学校まで2人乗りで

送ってくれた

毎日会うけど

何も手出しはされなかった

そして9月、

先輩に誕生日プレゼントを送った

私も9月生まれで

小さな花束もった先輩が

9月22日生まれの本をもって

「天神にでも遊びにいこうか」

と誘われた

信じられない幸せだった

彼に伝えて別れ

先輩と付きあうようになった

若い日々の絶調期

けれど頂点にのぼると

つきおとされるのが人生

継母と

家族と旅行にいったこともある

「おじさん」

の生浮気現場を見てしまった

気づかれてはないが

下にある「おじさん」の車を

蹴飛ばしてやりたかった

継母30くらい

「おじさん」20代くらい

男と女ってあんなことするんだ

実父がかわいそうだった

朝6時から夜中3時まで

ねる間もなく働いてるのに

そうすると

悪いことは重なる

先輩の取り巻きだった4,5人の

女の子たちが

私が男の子の後ろにのって

学校にきてた

先輩は騙されてると嘯いた

先輩は

「自分に嘘をついてはいけないよ」

とまるでフラれたかのような

態度で私はフラれた

何のいい訳もしなかった

絶調からどん底におちたら

何もかもがどうでもよかった

その女の1人は先輩と腕をくんで

学内をあるいてた

私に不敵な笑みをむけて

普通に帰ろうとしたら

知らない女たちに囲まれた

私はケンカになぜか強いのを

知ってたから

弱い女たちには手をださず

ボコボコにされた

そのすぐに

当時処女の私とやったという男

を否定したら

今度は男に囲まれた

これは5分で全滅

身長的にふところに入れるから

楽勝

組長の孫の血だろうか

さておき

良いことのあとの悪いことが

「多すぎ」

と思ったので

あんなシーンを見たのもあって

恋する気はすっかりなくなった

その後復活した前彼とも

したい顔されるのイヤだったし

西日で倒れた意識のない私に

ファーストキスを奪われて

どーでもよくなって

下着もレースにかえて

「はじめて」をあげた

期待しなくなると

人生ってスケートのように

なめらかにすすむ

「好きだjといわれて

舞い上がらなくなった

相手を先に観察するようになった

シンガーソングライターとして

何十人に待ち伏せされても

さめた目で笑えた

ブロダクションにも入り

すてきな人とも付きあえて

プロポーズされた時

「あ、絶調をむかえちゃいけない」と逃げたら

それが悪かったのか

拉致監禁男と脅迫男と26年も

愛のない生活を送った

自分に自信がないから

誰かが求めてくれるのが嬉しい

その人がどんな人かもわからず期待してしまう

淋しかったから嬉しかったのか

それがなかったら

拉致監禁男とも脅迫男とも

一緒にならずにすんだんだろう

好きだといわれて

最初はイヤじゃなかった

むしろ嬉しかったから

ひっかかってしまった

容姿も中身も好みでも

なんでもないのに

人生には絶調をむかえれば

逆にドン底をすぐに味わう

いいことがあれば

そこにはたくさんワナがならんでる

ただで喜ばせてくれるのは

子供の誕生と成長くらい

ほんとにありがたい

けどただでもらうと

今度は「慣れ」てありがたみを失う

好きだといわれたら

まずは両方の回りをみなきゃ

そんなカンタンにロにできる人に

自分の好みの人が都合よく

現れるわけないやん

自分の好きな人に「好き」って

いわれる以外

どんな人に「好き」っていわれても

意味がない

なのに

ちょっと告白されたからって

何がうれしいのさ

それはモテるではないし

自信のない自分をうめてくれる

わけでもない

ただ人生のおとし穴に

ひっかかっただけ

楽しいこともなく

ただひたすら自分に嘘を

つきつづけるだけ

そんなのにひっかからずに

自分に自信をつけるには

どうしたらいいのか

何にしても

「よく見る」につきる

そして

人の先入観や「常識」、「普通」

人の美意識など自分が考えて

思うことにふりまわされないこと

軽く「好きです」と言われることは

オスがメスのために

他のオスと戦ったり

ダンスしたりするより軽い思い

だから

メスにではなく

「心に響く」

良いことに聞こえるが

良いことではない

本人の本質を考えず

心の「妄想」がはじまってしまう

妄想だから相手の善し悪しなんて

関係ない

恋しい気持ちも

格好いいと思う気持ちも

淋しい気持ちも

すべて美化されてるから

そこにはその「妄想」が消える

不安しかない

涙がでる

彼の居場所を知りたがる

ウザがられても

全くひびかない

自分に都合のいい「妄想」

だから認識もうすい

そしてフラれても

その妄想が続き

その人しかいないと思う

妄想の中の主人公は彼だけだから

こんな私を好きだと言ってくれた

そこからの妄想は

全てを失わせる力がある

まずこの妄想をなくすことが

自分も人も「よく見る」ことに

つながる

前にもいったように

美人は逆に不幸

スタイルは自分で作るもの

性格は自分を認められるかどうか

「だけ」が問題

仕事や料理がうまくできた時

自分のことをどう思う?

「できるやん」

とうれしくなるでしょ

その気持ちが大事なんだよ

好きな服がうまく着れた時

まゆげがうまく書けた時

その嬉しさ

泣いてる友人をうまく励ました時

父母の子に生まれてよかった

と思えた時

感謝できた時

そんな時に

「自分を好き」になればいい

他の時に自分を見つめるから

「自分なんか」と思えるんだよ

私なんて

ブサイクでデブで

歩けないし

髪はうすいし

バアさんだし

けなしたらきりがない

けれど

そういう時に自分を認めるから

仲間を堂々とはげませる

そのためには

まず

「誕生日には祝おう」

最低でもケーキは用意しよう

誰もいわってくれなくても

自分からでいいから

プレゼントしよう

1年に自分だけに用意された1日

母が苦しんで産んでくれた日

自分が一番大事に思われた日

まずはそれからはじめて

父の日と母の日

子どもの日、敬者の日を祝おう

その時、目上の人には

「電報」をプレゼントを添えて

「自分の言葉で」おくろう

それを送る人がいなくなった時が

自分が目上になった時

その時に自分をすなおに

ほめられたら

きっと回りに幸せが

いっぱいあるはず

自分を好きになる努力もしないで

不満ばかりためるから

好きでもない人に

「好き」って言われてまいあがる

自分をだまして生きてて気づかない

そんな生き方をかえていこうよ

自分でケーキを買って

祝ってよかった

生まれてよかった

「愛してくれてありがとう」って

心から思ったよ

とりあえず変な時間に起きてしまったので

とりあえず変な時間に起きてしまったのでけやかけ観たフォーメーションはほぼ予想通りだったね。あとねるも予想通りのひらがな兼任終了。そうなると佐木久美がリーダーになる流れかな

学校の連絡網についての疑問

https://youtu.be/tBalkGDhWlA

学校の連絡網は、なぜ固定電話の番号を書く人が多いのか

■「PTAって全員加入?」「役員希望者いない」…親たちが「PTAの悩みごと」冊子に

(弁護士ドットコム - 09月24日 11:13)

旅ついてのあれこれ その106

ANA修行旅行 タイ編 前編

7月にシンガポール・マレーシアに行ってから

8月はお盆の帰省やチケット代が高いのもあって旅はお休み

9月は満を持してタイに行きます

実は3月の段階でなんかよくわからんけど

じゃらんの期間限定ポイントが3万円分あって

3月末にそれが泡と消えるので

もったいないからとりあえず行くかどうかわからんけど

9月の3連休にマレーシアのクアラルンプール、

10月の3連休にインドネシアジャカルタ

11月の3連休にタイのバンコク

それぞれ1泊ずつそれを使ってホテルを予約してました

どうぜ棚からボタモチ的なポイントなので

最悪行けなくてもキャンセルすればいいし

痛くも痒くもないと思ってたんです

でもどうせならせっかく予約してるし

できるだけそのホテルに泊まったほうがお得だからと

マレーシアのクアラルンプールに行くつもりでANAの航空券を

検索してみるとプレミアムエコノミーでなんと148,000円

7月のシンガポール往復は158,000円だったので

それよりは安いんですがさすがにエコノミーに毛が生えたような

座席でこの値段はいい加減コスパが悪過ぎます

ここは一旦仕切り直しということで

他都市を当たってみるとバンコクが110,000円であったので

あっさり計画変更です

ANA修行の実績ですが

シンガポールに行った段階で23,808プレミアムポイントでした

今回のタイで9,406ポイントがゲットできますので

この旅の終了時で33,214ポイントとなります

50,000ポイント達成のためには年内にあと2回

プレミアムエコノミーで東南アジアに行けば晴れて解脱です

辛気臭いんで10月にシンガポール

11月にクアラルンプールの分もタイ出発前に予約しちゃいました

というわけでいざプレミアムエコノミーで行く

ANA修行第2弾ということなんですが

今回難儀なのは成田発着でしかも復路が夜便になってしまうということ

したがって復路のフライトはマイルを使って

ビジネスクラスへのアップグレードを目論んだんですが

前回同様予約時は空席待ちの状態

しかし出発12日前にめでたくアップグレード成功

よかったよかった

というわけで無事に出発の9月16日を迎えました

旅の準備は家を出る1時間前という

なんともやる気のなさがありありですが

持っていくものはたいしたことがないのでそれぐらいで十分です

フライトの時間は16時50分ですが

余裕を持って12時15分に家を出ました

今回は早朝ではなく短時間で空港にアクセスする必要がないので

丸ノ内線〜銀座線で新橋から都営浅草線〜京成アクセス特急の最安ルートです

14時には成田空港第1ターミナルに着きました

ANAのプレエコ専用のカウンターでさっさとチェックインします

保安検査を通過してまず本日やることのひとつ目を終わらせます

前から気になってた出入国審査の自動化ゲートの登録です

たまに出国審査が混んでてイライラさせられることがあるので

時間のある時にやってみようと思ってたんです

手続きは簡単です

申請用紙に記入してから受付にそれを提出して

係官の指示に従って両手人差し指の指紋登録を行います

それが終わるとパスポートに登録済みの

スタンプを押してもらってそれで終了です

注意点としては、あくまでこれは審査の簡略化なので

この方法で出国すると通常出国スタンプは押されません

どうしてもスタンプが欲しい場合は横の別室で行って

声を掛けてスタンプをもらわねばなりません

あとパスポートの有効期限内のみ有効なので

パスポートを切り替えたら再度登録せねばなりません

さて次にやらねばならないのはラウンジに行ってご飯を食べることです

まずはユナイテッド航空のユナイテッド・クラブに行ってみました

受付で搭乗券を見せるとオネーサンが

「あなたはANAのラウンジに行ったほうがいいのではないですか」

とやんわり断られました

しかもなんで英語やねん

さっきチェックインする時にANAの職員に

ユナイテッドのラウンジも利用できるよねって確認したのに

こっちはプレエコだからあまり偉そうなこと言えんけど

まあオーバーブッキングの客を無理矢理飛行機から

引きずり降ろすような会社やし

元々もなんの愛着もないキャリアだからええけどね

しゃあないからとANAラウンジに行ったらとえらい混んでるやん

空いてるからユナイテッドのほうが良かったのに

窓側の席はほとんど埋まってるので

奥の比較的人が少ないエリアで待機することにします

ダイニングに行っておにぎりとお稲荷さんと

サラダを適当に盛って少し早い晩飯です

昼にカレー食ったから今回はANAカレーはパス

全部平らげてゆっくりしてたらシェフによるにぎり寿司の

提供が始まったのでマグロと海老を頂きました

さてトイレと一服を済ませて16時にゲートに向かいました

16時30分に搭乗が始まりましたが飛行機はまさかの沖止め

バスに乗って飛行機の近くへ

タラップを上がる時に近くにいた若い奥さんが

子供を抱えて重そうなスーツケースを持って上がるのに

難儀してるので代りに持ってあげてそのまま座席まで運んであげました

ついでなので上の荷物入れに入れてあげましたよ

まあ僕の席のすぐ後ろのエコノミー最前列やったからちょうどよかった

今回の機材はすっかりANAの東南アジア路線のスタンダード

となったボーイング787-9

ベトナムシンガポールに行ったときもこれやったから目新しさはなし

毎回のことですがタキシング中に爆睡モードに入って

起きたら1時間経ってました

機内食は珍しく洋食を選択

シーフードでしたが特筆すべきことはありません

食後は歴史本を読み耽ってトータル6時間半をうっちゃりました

タイ時間の21時半にスワンナプーム国際空港に無事到着

行きがかり上降りる際も奥さんの荷物を持ってあげました

歩きながらしばらくお話ししましたが

旦那さんが単身赴任でバンコクにいるとのことで

まだお子さんが小さいのに大変ですな

彼女は入国審査は優先レーンを通過するということで

別れ際に何度もお礼を言われました

「いや〜、綺麗な女性を見るとついつい親切したくなっちゃうんですよねぇ」

と言っておきました

幸い入国審査はあまり混んでなくて15分ほどで通過できました

さて、この空港で2つ用事があります

まずはSIMカードの購入です

いつもはDtacかAISで買うんですが

今回は初めてTRUE MOVEで買ってみます

前の2つの店とは少し離れてるんでそこまで行くのが

面倒だったんですがせっかくなので色々試してみないとね

2.5GBで299バーツのトラベルSIMを買ってセッティングしてもらいました

次は両替です

これもいつも面倒なので出国審査を抜けた先にある

銀行の出張所を使ってましたが

今日は地下1階のエアポート・レイル・リンク(空港連絡鉄道)

の改札の手前にある両替店に行きます

SuperRich(スーパーリッチ)で2万円分両替しました

このエリアにある両替店のレートが良いことは前から知ってましたが

ここまで来るのが邪魔臭いしたかが数百円の違いやし

と思ってたんですが手間を惜しんじゃいけませんね

ちなみに隣にあるValue+(バリュープラス)というお店も

似たようなレートでした

用事も済んだしこれからタクシーでホテルに向かいます

今宵の宿はBooking.comで予約したんですが

パトゥムターニーという県にあります

位置的にはバンコクとアユタヤ県の間にある県です。

タイに詳しい人にはドンムアン空港の少し北と言えばわかりやすいかも

耳タコですが「なるべく行ったことのない街に泊まる」

というテーゼに従いそこにしました

話は変わりますが行政単位としてタイには首都府のバンコクを除いて

76の県(チャンワット)があります。

密かにこの76県を全て制覇してみようと思ってるんですが

今日これから行くパトゥムターニー県でやっと20県目です

戦国時代でいうとやっと畿内とその周辺部を支配下に置いて

これから四国や九州を平定しなきゃならないって感じ

天下統一の道はまだまだ険しいですな

くだらないことを言ってないでさっさと移動しなきゃ

1階に上がって外に出てタクシー乗り場に急ぎました

整理券を取って15番レーンに行きました

人の良さそうな若いドライバーにホテルの予約確認書を見せました

遠いなぁと眼で訴えかけてきますが

ここで間髪入れず「メーターで行ってよ」と畳み掛けます

気弱さと商売っ気のなさからかあっさりOKが出ました

出発してすぐ運転手が「高速使っていい」と聞いてきます

使っていいに決まってるでしょ

バンコク市内に向かうには高速の7号線を走るんですが

パトゥムターニーに行くには途中で9号線にのって北上します

運転手はスマホの地図アプリのルート案内使ってるから大丈夫でしょう

1時間半近くかかるかなと思いましたが約50分で無事にホテルに到着

料金は450バーツほどでしたが500バーツあげました

今宵の宿は4,900円の3つ星ホテル「タラ・グランド・ホテル」です

レセプションの男女は滅法愛想がいいんだけど部屋はイマイチですな

汚くはないんですが設備が古いというか年季が入ってるというか

まあ1泊するだけなんでなんでもいいんですが

この価格帯でコスパのいいホテルに何軒も泊まってるので

テンションは上がりませんわな

とりあえず夜食に出掛けますか

ホテルを出て少し歩くと川沿いの道に屋台や食堂がけっこうありました

もう24時近くなのにいっぱい人がいるしお店も絶賛営業中です

タイはどこ行っても食事に困らないから楽です

一軒の小汚い食堂に入りました

とりあえず挨拶代わりの一杯ということで

クイッティオ(タイラーメン)をオネーサンに注文

出てきたクイッティオは濁った汁に魚のつみれがふんだんに入ってます

いや〜、旨し

これで30バーツ(約150円)ですから満足度高しです

そこを出て少し散歩しながらホテルに戻りました

シャワーを浴びてエアコンを24℃に設定しておやすみなさ〜い

明けて9月17日、7時に目を覚ましました

ホテルの朝食が付いてたんですがパスして外に出ます

昨晩は閉まってたので気づきませんでしたが

斜め前に市場があって半分は屋台街になってる

そう考えると選んだホテルは絶妙のロケーションでしたな

そこで辛めのヌードルを頂きました

う〜ん、これも旨い

大満足です

タイアイスミルクティー飲みたくなったので探しましたが

そこにはなかったので外に出てみます

ブラブラ歩いてるとジュース屋台を見つけました

20バーツで一杯ゲット

ここのオバちゃん、英語が超達者でがんがん話しかけてきます

まだ早朝であまり頭が回ってないので適当に相槌打っときました

それを飲みながらしばらく散歩しました

この近辺、なかなか活気があってタイ人の普段の生活が見れていい感じ

ホテルに戻ってエントランスの横にあるベンチに座って一服しながら休憩です

座って眺めてると目の前に色んな人や野良犬が行き来してまったく退屈しません

このまま一日ずっとここにいてもいいぐらい

いやいや、本日のミッションをこなすためにチェックアウトせねば

9時にホテルをチェックアウトしました

従業員にタクシー呼んでと言うと近くから連れてきてくれました

まずは1つ目のミッションでありますウィークエンド・マーケットに向かいます

ここからドンムアン空港までタクシーを使って

そこからエアポートバスで行こうかと思いましたが

邪魔臭いのでタクシーで直行します

高速に乗って空港を横目に見ながら

30分ちょっとでBTS(スカイトレイン)のMo Chit(モーチット)駅に着きました

目の前の大通りを渡るとチャトゥチャック公園があるので

それに沿って西進するとマーケットの入口に行き着きます

ここには大昔に来たことがあるとは思うんですが記憶がイマイチ曖昧

5月の時のそうでしたがこれからまた誰かにタイを案内する

機会があることが十分予想されますので

ちょうどバンコク市内に向かう通り道なので来てみました

このマーケット、メチャメチャ巨大で

全部で27のセクションに分かれてて

お店の総数は1,500に及ぶということです

売ってるモノは衣料や雑貨、日用品が主ですが

お土産を買うには便利なとこです

似たようなお店ばっかで、わざわざここに来なくても

MBK(マーブン・クロン・センター)で十分って気もしなくないですが

まあネタ的にはいいのかもね

全部見てたら日が暮れるので4つのセクションを回って

お土産にフルーツを型どった石鹸を4つと可愛いトートバックを一つ買いました

このマーケットのネックはテント張りの下にお店があり

エアコンが効いてなくて暑いこと

すでに汗だくです

さて2つ目のミッションに向かおうとしたら激しいスコールが来ました

駅に行くまでに降ったり止んだりで雨宿りしながらなんで時間がかかりました

モー・チット駅で200バーツで交通カードのラビット・カードを買いました

100バーツがカード代で残りの100バーツが乗車賃として使えますが

これでは足らないので200バーツをチャージしました

これからBTSに乗ってワット・パクナムというお寺に行きます

長いのでここで一旦切ります

続きは後編にて

題名のない音楽会観ている。今日はいつも

題名のない音楽会観ている。今日はいつもとちょっと違う感じでこれはこれで楽しい実家で父と一緒に観たらもっともっと楽しめたかも

ピカリオ君は本物の男になれないから絡み

ピカリオ君は本物の男になれないから絡み合ってるシエビブにレッツラ混ぜ混ぜと言いながら混ざれないし目の前で喘いでるのは姉と元上司で微妙にシコれないしで生殖器がない妖精のままになっちゃうんだよな、悲しい

グラドルやら ブライダルやら アパレルやら

昔の恋人が頑張っている姿が心の底から嬉しいし

今でも本当に感謝をしている

頑張れ 頑張れ 頑張れと思う反面

僕はもうそれを手を繋いで応援する事はニ度とないのだと云う現実に瞼が熱くなる

男女の終わった恋の

熱量の違いの差は致命的なまでに隔たりがあるものだ

僕は冷凍保存

君はバケツの水で見るに堪えない消火後の火種みたいにしちゃうから

この気持ちが溶ける事は無い

静かに

静かに

冷たく鈍色に

こころの隅っこで

たまに君の頑張りを見て

目頭があつくなる

悪くないけど良くもない

矮小な僕の感傷